読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋井式モデリング

プラモデル製作記。他いろいろ。

1/16 ドイツ国防軍戦車兵 (10-2)

仮組みから顔の塗装まで。

 

f:id:shibui_nekodama:20170201224736j:plain

帽子以外は接着済み。他の小物も最後にくっつける予定。肉眼で見ると違和感は無いのだが、写真にすると顔が大きく見えるな。これが脳内補正か。

f:id:shibui_nekodama:20170201224939j:plain

サフを吹く。表面の状態が見たかったというよりプラに直接エナメルを塗るのは嫌なので。まあ段差がよく強調できてるし、そこかしこを彫った甲斐はあった。

f:id:shibui_nekodama:20170201225204j:plain

顔の塗装がだいたい完成。金髪をどうするかなんだが、これの上から隅に茶色でも流すのがいいかな。髪の黄色はハンブロールなので墨入れしやすいし。それにしてもハンブロールのつや消しはほんとガサガサで最高だな。タミヤエナメルのつや消しもここまでツヤ消えないしな、顔のフレッシュがタミヤのフラットフレッシュなんだが結構ツヤが残ったし。服ではフラットベースを足すようにしよう。ではまた次回。

 

1/16 ドイツ国防軍戦車兵 (10-3) 完成 - 渋井式モデリング