読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋井式モデリング

プラモデル製作記。他いろいろ。

1/72 零戦21型 (9-1)

1/72 零戦

72ゼロの決定版、タミヤの1/72零式艦上戦闘機21型を作っていきます。タミヤ驚異の技術力。

 箱絵は無し、有名だし要らんよね。

f:id:shibui_nekodama:20170111000000j:plain

まずコクピットから。ディテールアップはしません、これで十分。椅子と操縦桿しかないキットばかりだったから余計楽しい。

f:id:shibui_nekodama:20170111000246j:plain

で、このコクピットなんだが、なんと胴体貼り合わせの後に接着できる。これすごく便利だから他の全ての飛行機で採用してほしいわこれ。というわけで先に胴体は接着して合わせ目を消しておきました。

f:id:shibui_nekodama:20170111000628j:plain

コクピットを指定通りに塗り分けただけ。軽め穴は開けておきました。シートベルトはデカールがあったが貼ってません。計器パネルのデカールもね。パイロットは付属してないが紫電改パイロットでも乗せるかな。

f:id:shibui_nekodama:20170111001019j:plain

フィレット部の合わせが最高。ここが綺麗に決まると本当に気分が良い。というより、最後まで接着せずにできるからすごい。今回は最後まで接着しない方針でいく。合わせ目は消えたしもう必要な部品組み付けて塗装できるんだよな、ほんとタミヤはすげえよ。ただ工作であまり差が出ないから塗装で差別化しないとな。塗装の構想も何もないが、とりあえずいつも通りでない塗り方でもしてみるかな。終わり。また次回。