読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋井式モデリング

プラモデル製作記。他いろいろ。

1/16 ドイツ国防軍戦車兵 (10-1)

ビッグスケールフィギュア塗るよ。

 

f:id:shibui_nekodama:20170128000144j:plain

タミヤワールドフィギュアシリーズの第一弾、ドイツ国防軍戦車兵を始めます。こんなにでかいフィギュアは初めてだ。因みに突撃砲兵とのコンパチキットです。今回はタイトル通り戦車兵で。

f:id:shibui_nekodama:20170128000447j:plain

 

服の間が埋まっているのでピンバイスで隙間を開ける。上半身と下半身は別々で成型した方がいいかもね。ズボンの合わせ目も消しにくいし。

f:id:shibui_nekodama:20170128000754j:plain

ピンバイスで開けた穴をナイフで繋げる。シャツの所とか見違えたな。なおこの作業でナイフの刃先は逝った模様。デザインナイフはよく先っちょ無くなるんだよなあ。でも折れたら逆に筋彫りはしやすくなるという効果も。筋彫りツール持ってないからこういうこと気づくんだろうなあ。針はあるよ、ホームセンターで400円くらいのコンクリートケガキ針

f:id:shibui_nekodama:20170128001559j:plain

袖の中や握られた手袋の中を抉る。手を切り離せば楽なんだろうけどまた繋げるのが面倒なのでそのまま抉る。ナイフの刃先はここで消えていきました。掘った後のざらつきは流し込み接着剤を塗って均してます。だからいつもより多めにてかっております。で、この後体の前後を貼り合わせて終了。次は合わせ目のパテ埋めから、ではまた。

 

1/16 ドイツ国防軍戦車兵 (10-2) - 渋井式モデリング