渋井式モデリング

プラモデル製作記。他いろいろ。

1/72 CR.714 (17-11)

クリアー吹いたらデカールにしわが生じた。つらいのだ。

 

f:id:shibui_nekodama:20170831222905j:plain

クリアー吹いただけなので写真は無くてもいいくらい変わってません。クリアーを吹くときにとりあえず砂吹きしてから厚く吹き始めるのはいつもの流れなのだが、これまでクリアーでの失敗が無いからたぶん砂吹きが足りなかったのだろうな。とやらかした直後はそう思ってたんだがけどたぶんこのデカールが溶剤に特に弱いのだろう。エレールのデカールはクリアーは慎重に、いい経験になった。海外産のデカールは強い印象があったけどこいつはそうでもなかった。硬いデカールだったから丈夫だと思ったんだけどな、硬さと丈夫さは比例しないらしい。とりあえず応急処置として浮いた部分をナイフで刺して空気を抜き押し付けて気泡はなくなった。その後にまた砂吹きからのクリアー吹き直し。たぶんこれで多少不格好になったけどリカバリー出来た。タミヤデカールって薄くて使いにくいとか思ってたけどいいデカールだったんだな。今回は失敗したので記事にしました、進展はこれだけです。また次回。しぶー。