読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋井式モデリング

プラモデル製作記。他いろいろ。

1/24 S13シルビア (14-5)

調色した色でボディを塗りました。その時にやらかし1を記録。

 

f:id:shibui_nekodama:20170408180417j:plain

まずはおまけの車体裏から。墨入れなどはしてません。コメント無し。

f:id:shibui_nekodama:20170408180516j:plain

ボディを塗る前に銀を残す部分をマスキングしておく。できるだけ銀は最初にまとめて吹いておく。エアブラシに粒子が残るからね、できるだけ後には残さないように。どうせまたここはクリアーカラー吹くためにマスキングするのだけど。いや、クリアーパーツの方に吹けばいいか。

f:id:shibui_nekodama:20170408180824j:plain

調色した色。色合いは問題無いのだが、別の所で問題が発生。前述の問題とは別で。大したことはないのだが。

f:id:shibui_nekodama:20170408181016j:plain

ボディカラーを吹いている最中にフィルターが換気扇に引き摺り込まれて粉末の塗料がボディに降り注いだ。曇り時々銀。ボディ塗装時に限ってこういうこと起こるのなんでだ、どうせなら他の所で起これ。出来るだけ落とそうとしたが無理。諦めて見ないでいきます。肝心の色はあまり上手く映ってないけど成功。問題はクリアーで薄めすぎて10㏄はあった塗料を全て使い果たしたところ。調色が成功しただけに塗り直しは嫌なので、また残った塗料もないので続行。クリアーカラーは元がなぜあんなにも濃いのかよくわかった。今回はここまで、次はクリアーを吹くだけでしょう。では。

 

1/24 S13シルビア(14-6) - 渋井式モデリング

 

現在steamでパラドックスのゲームがセール中。私はEU4を買いました。この機会にHoI4もどうぞ。40%引きです。