読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋井式モデリング

プラモデル製作記。他いろいろ。

飛龍

1/700 飛龍1942 (3-12) 完成

飛龍が完成。完成まで1ヶ月半、やはりこうなるのか。

1/700 飛龍1942 (3-11)

艦載機を残して全てが完成、終わりは近いぞ。

1/700 飛龍1942 (3-10)

飛行甲板の基本塗装が終了。長かった。

1/700 飛龍1942 (3-9)

暑い。私にとって9月は秋なんだ、気持ちを入れ替えさせてくれ。今回は説明書と写真の見比べ。

1/700 飛龍1942 (3-8)

マスキングが終わってまたマスキング。最後の山だな。

1/700 飛龍1942 (3-7)

豪雨のち晴れのち豪雨。日本の夏、モデラーの冬。飛行甲板の木部が完成。

1/700 飛龍1942 (3-6)

雨やら用事やらであまり時間が取れない、悲しい。飛行甲板の進捗を報告します、終わってません。悲しいね。

1/700 飛龍1942 (3-5)

長いこと更新しなかったと思っていたらまだ1週間だった。珍しく色々あった1週間だからか長いこと経った感覚になったな、色々あったから飛龍はあまり進んでいないが。

1/700 飛龍1942 (3-4)

暑い。今夏初めてエアコンのお世話になった。暑い。体も塗料もすぐ乾く。

1/700 飛龍1942 (3-3)

晴天で雷鳴。ザ・夏。

1/700 飛龍1942 (3-2)

雨が降ったり止んだりして窓の開け閉めに何度も動かないといけなくて面倒くさい1日でした。ただ涼しくて快適ではあった。快適じゃなかったらエッチングなんて放り出すわな。

1/700 飛龍1942 (3-1)

飛行機は作らないと言ったな、あれは嘘だ。今回作り始めるのはアオシマ1/700飛龍1942です、船は駆逐艦ならいくつか作ったけども空母はこれが初めて。頑張ろう。